Nihon.lv


浦島太郎

むかしむかし、あるに、のやさしい浦島太郎という若者がいました。浦島さんが海辺りかかると、どもたちがきなカメをまえていました。そばによっててみると、子どもたちがみんなでカメをいじめています。

「おやおや、かわいそうに、がしておやりよ。」
「いやだよ。おらたちが、やっとまえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ。」

見るとカメはをハラハラとこぼしながら、浦島さんを見つめています。浦島さんはおすと、子どもたちにしていました。

「それでは、このお金をあげるから、おじさんにカメをっておくれ。」
「うん、それならいいよ。」

こうして浦島さんは、子どもたちからカメをると、
「大丈夫かい? もう、まるんじゃないよ。」
と、カメをそっと、がしてやりました。

さて、それからたったある、浦島さんが海にかけてっていると、
「・・・浦島さん、・・・浦島さん!」
と、かががします。
「おや? 誰がんでいるのだろう?」
ですよ。」
すると海のに、ひょっこりとカメがしていました。

「このあいだはけていただいて、ありがとうございました。」
「ああ、あののカメさん。」
「はい、おかげでかりました。ところで浦島さんは、竜宮ったことがありますか?」
竜宮? さあ? 竜宮って、どこにあるんだい?」
「海のです。」
「えっ? 海の底へなんか、行けるのかい?」
「はい。私がおれしましょう。さあ、背中ってください。」

Читать далее
師走

柚子饅頭
小麦とヤマトイモに、すりおろしたユズのえてげた生地で、む。味覚、ユズの芳香がほのかにがる。

クリスマス・イブ
1224日は、どもたちにとってはプレゼントをもらえる恋人たちにとってはいのかめうロマンティックな日本ではクリスマスに宗教色合いはい。12月にると、には巨大なクリスマス・ツリーや工夫らしたイルミネーションがれ、クリスマス・ソングがれる。

すすい(大掃除
月末に大掃除をするいが、正月えるために、は13から、くの家庭で1のほこりをい、める「すす払い」をった。掃除だけが目的ではなく、しい神聖行事でもあった。14日栃木日光山輪王寺でも、仏像数多くのりついてすすをう。

Читать далее
霜月

紅葉
めの型抜きしてった、端正姿生菓子まりをわう。

紅葉
日本には、くから紅葉のしさをでに野山かける「紅葉狩り」の習慣がある。まり、木々まると、くの人々寺院神社などへ紅葉狩りにかける。紅葉の名所数多京都の中でも、東福寺渓谷める紅葉のしさでられる。


男児は5女児は3歳と7歳のときに、どもの成長行事。この盛装させた子どもをれて神社参拝する。七五三にかせないものが、「千歳飴」。子どもたちが細長い千歳飴がっている。をひっぱるとのびるように「寿命がのびる」という縁起

Читать далее
神無月

菓子
栗の蜜煮を栗のみ、げたもの。この季節には、全国各地でさまざまな種類菓子出回る。


んだ青空のもと、そうにをつけた稲穂黄金色りがまる。日本の秋の伝統的風景だ。現在機械化み、くの水田ではでの収穫一般的となっている。

運動会
小学生にとって「秋の大運動会」は一大イベントである。全学年の2かれ、かけっこ、リレー、玉入れ、きなどをう。また、どもたちは何週間から練習み、応援けつけた家族で、組体操りなどの演技披露する。

Читать далее
長月

おはぎ
した餅米んだもので、彼岸供物いる。ハギのていることからそのがついたという。

台風(二十日
9月めの「二十日」は、2月4日まる立春」から210日目開花する時期にもあたるが、台風がよく襲来するので、風害きないようにりが各地われてきた。北西太平洋発生する台風は、中心付近最大風速が17.m/s以上となる熱帯低気圧で、風害水害高潮などの被害をもたらす。強風でなぎされた木々

十五夜
旧暦15は、一年しいといわれる。その「十五夜」には、団子やサトイモ、、ススキなどの草花え、月見をする。地域によっては、祖先ったり、収穫感謝したりするりとあわせてまれるところもある。どもたちが供物むことを歓迎する習慣もあるという。

防災
19239月1日きた関東大震災教訓かそうと、1960制定された記念日。また、台風多発する時期ともなるので、地震台風などの自然災害えようとの意味がこめられた。この日本各地自治体中心となり、消防機関地域住民企業などが参加して防災訓練われる。

Читать далее
葉月

ようかん
寒天をようかんよりなめにしてる水ようかんは、水分く、のどごしやか。季節でもべやすい。

五山京都
16日の、京都を山々では、祖先るため、文字などをかたどった火がされる。でも大文字の「」の有名で、この行事全体が「大文字き」ともばれている。

青森ねぶた(青森ほか)
さ4トンにもなる、和紙人形「ねぶた」のりを「ハネト」とばれる乱舞する。「ねぶた」の迫力6日間べ20にもぶ「ハネト」の熱狂はすさまじい。

Читать далее
文月

水草清流
やかな水草を表現したらくがん(米粉砂糖などをってめたもの)と、清流をした有平糖

土用の日
日本の伝統的でいう「土用の丑の日」は、7月ばのく、湿度も高い日にあたる。そんなこそ、栄養価んだウナギの蒲焼を食べたい。甘辛いタレにしたウナギをばしいいがれ、ウナギ店頭にはができる。もっとも、この習慣は、18世紀にウナギの販売促進のためにされたという。

隅田川花火大会
日本の夜空は花火でられる。なかでも東京下町される隅田川花火大会(7月最終土曜日)は、18世紀からの伝統つ夏の風物詩だ。1960から70年代にかけて、川の汚染家屋密集などから一時されたが、78年に復活し、毎年数十万観客動員している。

Читать далее
水無月

アジサイ
サイコロった薄紫色のようかんで白餡り、アジサイの花をす。みずみずしい季節に、梅雨憂鬱れる。

入梅
6月を中心とした1カ月は、北海道く日本列島雨期梅雨」である。梅雨ることを「入梅」「梅雨り」という。境内くのアジサイがえられ、“アジサイ”とばれる鎌倉明月院の中でくアジサイは、この季節す日本風景である。
Читать далее
皐月

かしわ
餅でみ、かしわのでくるんだもの。5月5日端午節句に食べる。

のぼり
真鯉父親緋鯉母親さない鯉は子どもたちを、そして五色しは意味し、あわせてせな家族している。「端午節句」に男児出世健康っててる。


1000年以上つづく京都上賀茂下鴨両神社り。5月15平安時代装束をまとった総勢500余名行列が、牛車き、輿いで京都御所から下鴨神社上賀茂神社へとかう。


5月の日曜日の「母の日」にけて、大量出荷されるカーネーション。日本では「母の日」に母親へ赤いカーネーションをって感謝習慣がある。近年はピンクやなどの人気

Читать далее
卯月

団子
した米粉でつき、でくるんだり醤油でつけきにしてべる団子。19世紀、花見したのが評判となった。

花見
サクラが開花すると、東京上野公園などサクラの名所には連日大勢の人がれる。しい花をただ見るだけではなく、サクラの下でんだり、べたり、いだりするのが日本流の花見。毎年気象庁からサクラの開花予想発表されるほど、いピンクの花を日本人心待ちにしている。

プロ野球開幕
日本で人気のあるプロスポーツであるプロ野球は、セントラル・リーグ6チーム、パシフィック・リーグ6チームによる2リーグ開幕から10月にわれる日本一決定戦の日本シリーズまで、いにる。仙台のフルキャストスタジアム宮城

春の味覚
春の味覚といえば、タケノコ。竹の地中からで、先端地表れるころす。タケノコのほかにも、タラの、セリ、フキノトウ、ウドなどを使った山菜料理は、春のれをじさせてくれる。

Читать далее
«   13 14 15 16 17   »