Nihon.lv


弥生

ひし
着色した餅をくのばしてひしり、ねたもので、ひなりにかせない。

東大寺二月 お
奈良の東大寺二月堂で3月1日から2週間にわたってわれる仏教行事。クライマックスは12日深夜巨大なたいまつが、暗闇まれた二月堂の廊下け、群衆りかける。境内井戸から仏前える水を儀式「お水取り」がかにわれる。

卒業
4月新年度える日本では、3月は卒業式の季節小学校からの学校生活終止符大学の卒業式は、いよいよ社会旅立つ大きな節目となる。最近は20世紀めの女学生をまねた、着物姿女子学生がにつく一方、さまざまに趣向らした仮装出席する学生が目立つ卒業式もある。

Читать далее
如月

紅梅
早春の花、紅梅をした生菓子小麦れてした生地に、がほんのりさしてしい。

さっぽろまつり
2月上旬から中旬にかけて、北海道札幌で雪の祭典開催される。会場大通公園には、毎年、テレビの人気キャラクターや世界有名建築など、150える巨大雪像ぶ。コンサートなどのイベントもわれ、には、とりどりの照明雪像幻想らしされる。

節分
からへ、季節かれの2月3日災厄し、行事を「節分」という。この、どのも「」ときないながら、ったをまく「豆まき」をする。大きな神社寺院では、有名芸能人やスポーツ選手などをいて、盛大に豆まきを行う

Читать далее
睦月

はなびら
蜜煮したゴボウと味噌を餅にはさんだ、新年菓子。もともとは宮廷正月儀式いられた。

初詣
家族健康仕事発展世界平和などを祈願するために、早々に神社やお寺に参拝すること。大晦日除夜を聞きながら社寺参拝していたが、でることが多い。東京明治神宮千葉成田新勝寺神奈川川崎大師京都八坂神社大阪住吉神社などの有名寺社人出わう。

新年一般参賀
1月2日、ふだんはれない皇居の中に入って、皇居の宮殿東庭したバルコニーから手を天皇一家に、新年のあいさつができる。世界大戦国民のだれもが年賀のあいさつのために皇居をれることをされるようになった。

元日(おせち料理
おせち料理は、正月三が(1月1日3日)に食べる料理のこと。三が日食べられるように、もちのいいものをそろえる。マメ(健康)にらせるようにと黒豆たり、子孫繁栄するようにとニシンのの「」をれたりと、つひとつの料理に家族のせを気持ちがめられている。

Читать далее
4人

1 ボウルに540ミリリットルをれてたっぷりの水をぐ。ひとぜして水をて、ぜてまた水をぎ、すぐにてる。これを2~3くりしてざるにげ、水気をきる。

2 に1と、かつおでとっただし500ミリリットル、醤油・みりん・各大さじ2をわせた調味れて30ほどおく。

3 もも肉1/2一口大る。にんじん50グラムはをむいていいちょうに切り、ゆでた100グラムも同様に切ってさっとししておく。しめじ100グラムはづきをとしてほぐす。

4 2のに3のを、かたよらないよう全体らばしてのせる。強火にかけ、沸騰したらすぐに弱火にして15き、めてふたをしたまま10~15分おいてらす。

5 しゃもじで上下し、とご均等になるようにわせる。
Читать далее
みあれこれ

家具
木目が美しく、れにくいキリ、カツラ、ケヤキは、家具や工芸品している。これはケヤキの

キノコ・山菜
キノコや山菜は、食用にできるものだけで数百種類にもなる。キノコは、マツタケが、トリュフより珍重されている。

漆器
独特光沢堅牢さをもつ漆器は、日本の伝統工芸品のひとつ。漆器の名産地石川輪島をはじめ、全国い。

和紙
和紙は、コウゾ、ミツマタなど繊維分の多い植物からられる。おもに住宅障子いられ、書道茶道でも使われる。

伏流水
日本には、るところに水がいている。広大森林には、膨大地下水えられているのだ。

木の
から、料理り、風味をつけるためにえられてきた紅葉。今では年商円もげる企業れ、たな“森の恵み”となっている。
Читать далее
地蔵

貧乏なお祖父さんとお祖母さんがいました。
「傘をって食べってるよ。」
お祖父さんは雪の中をでかけて行きました。
「傘はいらんかね。傘はいらんかね。」
傘を買う人はもいまあせん。
今日はさっぱりだ。るとするか。」

途中にお地蔵っていました。
「お地蔵様、雪の中でかろう。」

お祖父さんはお地蔵様に傘をかぶせました。ところがつだけ傘がたりません。
「お地蔵様、これで勘弁してくだされ。」
お祖父さんは自分がかぶっていた傘をぬいで、お地蔵様にかぶせました。
「これでお地蔵様も寒くないだろう。」

様、今日は傘が一つもれんかった。帰り道お地蔵様が寒そうだったので、傘を全部お地蔵様にかぶせてたよ。」
「それはそれは様よいことをしましたね。中にってはやくあったまってくださいな。」

Читать далее
一寸法師

昔々子供がいないお祖父さんとお祖母さんが神においをするとくらいの男の子がまれました。
名前一寸法師にしましょう。」
二人沢山べさせたので一寸法師はとても元気にちました。

様、様、おいらたい。」
一寸法師はを刀にして、こしにさし、おに乗って、川をのぼって行きました。
都にいた一寸法師は初めに大臣屋敷に行きました。

大臣は、体は小さいけれど元気な一寸法師をたいそう気にいり、自分のかせることにしました。ある様がおりをするので、一寸法師がお友をすることになりました。

お参りが無事にすんでかえろうとしたときです。
いそうなじゃあ。」
突然お姫様におそいかかりました。

一寸法師は鬼の口の中にみ、刀で鬼のおなかの中をチクリチクリ。
「いててててこりゃかなわん。」

Читать далее
会話

A: 先生は何をしていらっしゃいますか。
B: お客さんと話していらっしゃいますよ。

A: あの作家はまだ生きていますか。
B: はい。

A: 京都をよく知っていますか。
B: いいえ、全然知りません。

A: 日曜日はお店がまっていますか。
B: いいえ、日本では毎日いています。

A: おいていますか。
B: いいえ、違います。いています。

A: 今日は電車が空いていますね。。。
B: そうですね。普通はんでいますよね。

A: 友は長崎へ行っています。
B: いいと思います。

A: 小包みが来ていますよ。
B: はい、今晩郵便局へ行きます。

Читать далее


1) 約束の時間にに合わないかもしれません。
2) 明日はきっと雨でしょう。
3) 佐藤さんはこのニュースを多分知らないと思います。
4) もしかしたら3月に卒業できないかもしれません。
5) スキーに行きたいんですが、どこかいい所ありませんか。
6) 駅まで30分で行けますか。
7) 3万円でビデオが買えますか。
8) 大丈夫でしょう。ずいぶん前から準備していますから。
9) 3日ほど高いくかもしれませんが、心配しないで下さい。
10) 隣のうちの犬がいんです。
11) 隣の人に直接言ったがいいですよ。
12) 昨日から咳きがるんです。
13) 風邪を引いているんです。。。・・・出かけない方がいいです。
14) 夕方には雨が止むでしょう。
15) ゆっくり休んだら、るでしょう。
Читать далее


1) 木からちたのよう
2) かぬえぬ
3) の子は蝮
4) まさに図星
5) 人間わりはない
6) たもの夫婦
7) あるをかくす
8) れる者久からず
9) 同じ
10) 同じ穴の
11) くともさざるにまさる
12) をもってまる
13) 類は友を
14) より
15) 竜頭蛇尾
16) ばず
17) 大器晩成
18) 高嶺の花
19) は金なり
20) われば変わる
21) 友はきにしかず
22) の花は赤い
Читать далее
«   14 15 16 17 18   »