Nihon.lv


葉月

ようかん
寒天をようかんよりなめにしてる水ようかんは、水分く、のどごしやか。季節でもべやすい。

五山京都
16日の、京都を山々では、祖先るため、文字などをかたどった火がされる。でも大文字の「」の有名で、この行事全体が「大文字き」ともばれている。

青森ねぶた(青森ほか)
さ4トンにもなる、和紙人形「ねぶた」のりを「ハネト」とばれる乱舞する。「ねぶた」の迫力6日間べ20にもぶ「ハネト」の熱狂はすさまじい。

Читать далее
文月

水草清流
やかな水草を表現したらくがん(米粉砂糖などをってめたもの)と、清流をした有平糖

土用の日
日本の伝統的でいう「土用の丑の日」は、7月ばのく、湿度も高い日にあたる。そんなこそ、栄養価んだウナギの蒲焼を食べたい。甘辛いタレにしたウナギをばしいいがれ、ウナギ店頭にはができる。もっとも、この習慣は、18世紀にウナギの販売促進のためにされたという。

隅田川花火大会
日本の夜空は花火でられる。なかでも東京下町される隅田川花火大会(7月最終土曜日)は、18世紀からの伝統つ夏の風物詩だ。1960から70年代にかけて、川の汚染家屋密集などから一時されたが、78年に復活し、毎年数十万観客動員している。

Читать далее
水無月

アジサイ
サイコロった薄紫色のようかんで白餡り、アジサイの花をす。みずみずしい季節に、梅雨憂鬱れる。

入梅
6月を中心とした1カ月は、北海道く日本列島雨期梅雨」である。梅雨ることを「入梅」「梅雨り」という。境内くのアジサイがえられ、“アジサイ”とばれる鎌倉明月院の中でくアジサイは、この季節す日本風景である。
Читать далее
皐月

かしわ
餅でみ、かしわのでくるんだもの。5月5日端午節句に食べる。

のぼり
真鯉父親緋鯉母親さない鯉は子どもたちを、そして五色しは意味し、あわせてせな家族している。「端午節句」に男児出世健康っててる。


1000年以上つづく京都上賀茂下鴨両神社り。5月15平安時代装束をまとった総勢500余名行列が、牛車き、輿いで京都御所から下鴨神社上賀茂神社へとかう。


5月の日曜日の「母の日」にけて、大量出荷されるカーネーション。日本では「母の日」に母親へ赤いカーネーションをって感謝習慣がある。近年はピンクやなどの人気

Читать далее
卯月

団子
した米粉でつき、でくるんだり醤油でつけきにしてべる団子。19世紀、花見したのが評判となった。

花見
サクラが開花すると、東京上野公園などサクラの名所には連日大勢の人がれる。しい花をただ見るだけではなく、サクラの下でんだり、べたり、いだりするのが日本流の花見。毎年気象庁からサクラの開花予想発表されるほど、いピンクの花を日本人心待ちにしている。

プロ野球開幕
日本で人気のあるプロスポーツであるプロ野球は、セントラル・リーグ6チーム、パシフィック・リーグ6チームによる2リーグ開幕から10月にわれる日本一決定戦の日本シリーズまで、いにる。仙台のフルキャストスタジアム宮城

春の味覚
春の味覚といえば、タケノコ。竹の地中からで、先端地表れるころす。タケノコのほかにも、タラの、セリ、フキノトウ、ウドなどを使った山菜料理は、春のれをじさせてくれる。

Читать далее
弥生

ひし
着色した餅をくのばしてひしり、ねたもので、ひなりにかせない。

東大寺二月 お
奈良の東大寺二月堂で3月1日から2週間にわたってわれる仏教行事。クライマックスは12日深夜巨大なたいまつが、暗闇まれた二月堂の廊下け、群衆りかける。境内井戸から仏前える水を儀式「お水取り」がかにわれる。

卒業
4月新年度える日本では、3月は卒業式の季節小学校からの学校生活終止符大学の卒業式は、いよいよ社会旅立つ大きな節目となる。最近は20世紀めの女学生をまねた、着物姿女子学生がにつく一方、さまざまに趣向らした仮装出席する学生が目立つ卒業式もある。

Читать далее
如月

紅梅
早春の花、紅梅をした生菓子小麦れてした生地に、がほんのりさしてしい。

さっぽろまつり
2月上旬から中旬にかけて、北海道札幌で雪の祭典開催される。会場大通公園には、毎年、テレビの人気キャラクターや世界有名建築など、150える巨大雪像ぶ。コンサートなどのイベントもわれ、には、とりどりの照明雪像幻想らしされる。

節分
からへ、季節かれの2月3日災厄し、行事を「節分」という。この、どのも「」ときないながら、ったをまく「豆まき」をする。大きな神社寺院では、有名芸能人やスポーツ選手などをいて、盛大に豆まきを行う

Читать далее
睦月

はなびら
蜜煮したゴボウと味噌を餅にはさんだ、新年菓子。もともとは宮廷正月儀式いられた。

初詣
家族健康仕事発展世界平和などを祈願するために、早々に神社やお寺に参拝すること。大晦日除夜を聞きながら社寺参拝していたが、でることが多い。東京明治神宮千葉成田新勝寺神奈川川崎大師京都八坂神社大阪住吉神社などの有名寺社人出わう。

新年一般参賀
1月2日、ふだんはれない皇居の中に入って、皇居の宮殿東庭したバルコニーから手を天皇一家に、新年のあいさつができる。世界大戦国民のだれもが年賀のあいさつのために皇居をれることをされるようになった。

元日(おせち料理
おせち料理は、正月三が(1月1日3日)に食べる料理のこと。三が日食べられるように、もちのいいものをそろえる。マメ(健康)にらせるようにと黒豆たり、子孫繁栄するようにとニシンのの「」をれたりと、つひとつの料理に家族のせを気持ちがめられている。

Читать далее
4人

1 ボウルに540ミリリットルをれてたっぷりの水をぐ。ひとぜして水をて、ぜてまた水をぎ、すぐにてる。これを2~3くりしてざるにげ、水気をきる。

2 に1と、かつおでとっただし500ミリリットル、醤油・みりん・各大さじ2をわせた調味れて30ほどおく。

3 もも肉1/2一口大る。にんじん50グラムはをむいていいちょうに切り、ゆでた100グラムも同様に切ってさっとししておく。しめじ100グラムはづきをとしてほぐす。

4 2のに3のを、かたよらないよう全体らばしてのせる。強火にかけ、沸騰したらすぐに弱火にして15き、めてふたをしたまま10~15分おいてらす。

5 しゃもじで上下し、とご均等になるようにわせる。
Читать далее
みあれこれ

家具
木目が美しく、れにくいキリ、カツラ、ケヤキは、家具や工芸品している。これはケヤキの

キノコ・山菜
キノコや山菜は、食用にできるものだけで数百種類にもなる。キノコは、マツタケが、トリュフより珍重されている。

漆器
独特光沢堅牢さをもつ漆器は、日本の伝統工芸品のひとつ。漆器の名産地石川輪島をはじめ、全国い。

和紙
和紙は、コウゾ、ミツマタなど繊維分の多い植物からられる。おもに住宅障子いられ、書道茶道でも使われる。

伏流水
日本には、るところに水がいている。広大森林には、膨大地下水えられているのだ。

木の
から、料理り、風味をつけるためにえられてきた紅葉。今では年商円もげる企業れ、たな“森の恵み”となっている。
Читать далее
«   14 15 16 17 18   »