Nihon.lv


コーヒーをむと

コーヒーはから200年ぐらいまえに、オランダ人が日本ってました。明治時代めまでコーヒーを飲む人はなかったですが、今日本人は1年に1人300ぐらいコーヒーを飲みます。

ところで、コーヒーはいと思っている人はいませんか。はコーヒーいろいろいいきがあります。

まずれたとき、いけど仕事勉強をしなければならないとき、コーヒーを飲むと元気になります。の働きがよくなります。

日本の大学でコーヒーの働きについて調べたことがあります。トラックの運転手時間車を運転してから、簡単計算をしました。眠かったですから、間違いが沢山ありました。コーヒーを飲んでから、もう計算をしました。間違いは少なくまりました。

にコーヒーを飲むと、リラックスすることが出来ます。ですからたちは喫茶店すとき、仕事がわってむとき、よくコーヒーを飲みます。

またいコーヒーを飲むと、体がかくなります。コーヒーは2のジョギングとじ働きをします。

インスタントコーヒーを初めてったは日本でした。シカゴにんでいた加藤サトリは「粉末コーヒー」を作って、1899年シカゴ万博しました。しかしこの粉末コーヒーはあまり有名のなりませんでした。1930年アメリカのコーヒー会社が加藤サトリが発明した方法をいろいろ研究して、今のインスタントコーヒーを作りました。
Читать далее
江戸時代

江戸時代は1603から1868年までで、260年ありました。この時代は色々規則がありました。

江戸時代の外国ってはいけませんでした。外国日本ってはいけませんでした。長崎だけってもかったです。外国名前出島です。

またキリストじてはいけませんでした。みんなお名前登録しなければなりませんでした。そして、肉をべてはいけませんでした。

江戸時代はがありました。今のとだいたいじです。藩に大名がいました。大名は自分の藩と江戸にうちがあって、藩に1年、江戸に1年、まなければなりませんでした。さんと子は江戸に住んでいました。江戸までいて行かなければなりませんでしたから、とても大変でした。

また江戸時代の長男はお父さんの仕事をしなければなりませんでした。

江戸時代は身分つありました。武士農民職人商人です。

いろいろ規則がありましたが、平和な時代でした。
Читать далее
生活

1) 私は電車で会社へ行きます。
2) 毎日パスタを食べます。
3) 私の誕生日は4月24日です。
4) 夫は猫と犬が好きじゃありません。
5) アレルギーがありますから・・・
6) 図書館の休みは日曜日です。
7) 来月どこへ行きたいですか。
8) 大学でレポートを書きます。
9) 去年学校で勉強しました。
10) 5月10日に日本へ帰りました。
11) ドアの左に机があります。
12) 机の上に私の本と辞書があります。
Читать далее
ねずみのよめ 

むかし、あるに、大変綺麗なねずみのがいました。ねずみのおさんとおさんは、娘のじまんばかりします。

「この子は、世界えらい人のところでなければ、よめにやれないね。」
「そうですとも。でも、世界で一番えらい人って、でしょうね。」
「そりゃやっぱり、おてんとうじゃろう。」

ねずみのお父さんとお母さんは、娘をつれて、おてんとう様の所へ行きました。

「あなたは世界え一番えらいおじゃ。娘よめにもらってください。」
「わしは世界で一番えらいって?いやいや、わしもかなわないものが世界にはおるぞ。」
「ええ?それはいったい、どなたでございますか?」

ねずみのお父さんがたずねました。

どのじゃ。雲どのには、わしの光もさえぎられてしまうからのう。」

それを聞いて、ねずみのお父さんとお母さんは、娘をつれて、雲どののところへ行きました。

Читать далее
会話

A: 用事ができたので、お約束の時間を少しおくらせて下さいませんか。
B: すみませんが、4時にはに約束があります。明日にばすほかないでしょうね。

A: すまないけど、今度の金曜日は君と一緒に歌舞伎へ行けなくなりそうだ。おそくまで仕事があるんだ。
B: あら、ったわ。もう切符っちゃったの。
A: 本当にすまないけど仕事ができたんでけられないんだ。
B: じゃ、しかたがないわ。

A: 今日本語で手紙いているんですけど・・・
B: そうですか。
A: ちょっとてくれない?
B: ううん、いけど今かけるところなんだ。ぐのかね。
A: うん、まあね。
B: こまったな。
A: いいんだよ。誰かほかの人にたのむ。

Читать далее
会話

A: おできてうれしくっています。これは私の名刺です。おたすねさるこれをごらんさい。
B: ありがとうございます。これは私のです。
A: ありがとうございます。

A: 露和大辞典をちょっと拝借したいのですが。
B: あいにくっていません。
A: じゃ、けっこうです。どうも

A: 先生明日午後ちょっとお目にかかれませんか。
B: そうですね、何か用事ですか。
A: 日本の大学のことを少しばかりりたいのですが。
B: いいですよ。2時ごろどうぞ。
A: どうもありがとうございます。
B: いや、どういたしまして。

Читать далее
命令

1) 座って下さい。
2) 書いて下さい。
3) すみません、あなたの一日を教えてくださいませんか。
4) 心配しないで下さい。
5) 私を待たないで下さい。
6) いらっしゃいませ。
7) がんばれ!
8) 食べよ!
9) 話すな!
10) 日本語を勉強しよう。
11) 頑張ろう。
12) お座りなさい。
13) お入りなさい。
14) お休みなさい。
15) この手紙をポストにれてくれ。
16) ちょっとペンを貸してくれませんか。
17) ちょっとペンを貸してくれないか。
18) ちょっと見せて。
19) これをづけてちょうだい。
20) お入りください。
21) 少々お待ちください。
22) 忘れ物をしないようにお願いします。
Читать далее
願望

1) 水が飲みたい。
2) 手紙を書きたい。
3) 彼は私の論文を見たがっています。
4) 彼も講演を聞きたがっています。
5) 田舎生活したいと言っています。
6) 彼も行きたいでしょう。
7) 京都へ行きたいと思います。
8) 皆さんに心から感謝したいと思います。
9) 彼は新しい車がほしいようだ。
10) 彼は新しい車をほしがっている。
11) ゆき子さんにこの本を貸してほしいです。
12) ゆき子さんにその本を貸してもらいたいです。
13) これを教えていただきたいです。
Читать далее
動物 - животные

Дикое животное - 
Домашнее животное - 家畜
Жираф - きりん
Обезьяна - 
Зебра - 縞馬
Кошка - 
Собака - 
Лев - ライオン
Гиена - ハイエナ
Суслик - じねずみ
Хомяк - やまねずみ
Мышь - 
Летучая мышь - こうもり
Зубр - オーロックス
Зубр - ヨーロッパ野牛
Бобр - 海狸
Бобр - ビーバー
Кенгуру - カンガルー
Баран - 雄羊
Овца - 
Читать далее
数字

Умножение – 掛算 / 乗法
5 умножить на 2 будет 10 – 五に二をけるは十

Деление –  / 除法
10 разделить на 2 будет 5 – 十を二でするは五

Вычитание – 引き算 / 減法
от 10 отнять 5 будет 5 – 十から五くと五

Сложение –  / 加法
к 5 прибавить 5 будет 10 – 五に五をえるは十
Читать далее
«   14 15 16 17 18