Nihon.lv


ひよこのぴー

でしょう。
玉子です。

何でしょう。
雌鶏です。
玉子をあたためて
いるのです。

あ 玉子がわれた。

こんにちは!
 ひよこです。

Читать далее
匂 

あつさがやわらぎ匂いがらぐ。っぱがづき匂いがわる。秋にる匂いをとおし、子供五感みます。

いつもとおるこのしみな道。
今年もきっといているわ!
ほら 空気わってきた
このいい匂いは何の匂い?

いくつものい葉っぱ。
橙色のさながぎっしりんで咲いている。
ひっそり咲くきとおった金木犀の匂い!

Читать далее
ねんねこ さっしゃれ

ねんねこ さっしゃれ
 にゃん にゃん
 わん わん

 きゃっ きゃっ
 りんごはいけません
ねんねこ さっしゃれ

 ぶう ぶう
 けろ けろ

 かあ かあ
かあ かあ なくのは
明日にしましょ
ねんねこ さっしゃれ

Читать далее
にゃんきっちゃん

きらきらお
にゃんきっちゃん
ぼう

さんがとおせんぼ
にゃんきっちゃん
んでる

にゃんきっちゃん
居眠
とろとろとろ

いた
にゃんきっちゃん
にいる

Читать далее
がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん
がたんごとん がたんごとん
せてくださーい

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん

がたんごとん がたんごとん
乗せてくださーい

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん

がたんごとん がたんごとん
乗せてくださーい

Читать далее
ちゃん

まれたばかりの雛ちゃん。
ぷりぷり ぷりりん
るのが得意です。
今日は、めてのお散歩

ぷりぷり ぷりりん
いてくと、色々友達出会いました。

生まれたばかりの雛ちゃん。
ぷりぷり ぷりりん
お尻を振ってお散歩です。

ひらひらしたものがやってました。
「あなたはだあれ?」
雛ちゃんがいました。

蝶々
ひら ひら ひら」

Читать далее
かな?

こっ こっ こっ
こっことくのは雌鳥さん

こけこっこー
こけこっこーは雄鳥さん

ぶぅ ぶぅ ぶぅー
ぶぅぶぅ鳴くのはさんで

もぉ〜ぅ
もぉ〜ぅと鳴くのは雌牛さん

めぇぇぇ〜
羊さんはめぇぇぇ〜と鳴く

Читать далее
黄色小鳥

黄色い小鳥がおりました。そんなにさくもありません。そんなにきくもありません。います。

ぐるぐるってぶうちに小鳥はたでしょう。
黒の小さいがカゴのていたのです。

そこで小鳥は「ね 犬さん」とって一回びました。
それからさっとよってきって地面におりました。

「いったい ここはどこですか。牧場のように見えますかが」
「ええ そうですよ 牧場です」
ていた犬はいました。

Читать далее
子猫のねる

さいがおりました。名前はねるといました。綺麗なスカートをはいてます。
ねえ てごらん、そうでしょう?

それなのにねるはいてます。がぽとぽとちてます。
「あたし インデアンにんzりたいよう」
ねるは泣きながら言いました。

「どうしたらインデアンになれるでしょ」
ねるはきました。
「しらないわ。でも、雄鳥さんに聞いてごらん」と花は言いました。

Читать далее
着物

日本「きもの」をていました。1900ごろからだんだん洋服を着るようになりました。洋服は簡単に着られます。

1950年ごろになると、着物を着るなくなりました。着物は正月結婚式のときに着るだけになりました。しかし、最近い人が浴衣を着たり、くてい着物を着たりしています。

Читать далее
«   2 3 4 5 6   »